タンパク質の一種であるコラーゲン

コラーゲンとはタンパク質の一種で、身体の皮膚・筋肉・内蔵・骨・関節・目・髪あらゆる全身の組織に含まれています。

主にそれらの細胞をつなぎとめる働きをしています。そこで、コラーゲンの基礎知識を知っておくと良いです。

まず、コラーゲンにはどのような効果があるかということです。

一つ目は皮膚の若返りや肌の保湿性が高まり、弾力・ハリを保ってくれます。

美容に効果的です。二つ目は関節に良いです。コラーゲンは骨と骨の間の軟骨がクッションとなり、関節の衝撃を受け止めてくれます。

軟骨は約50パーセントの割合がコラーゲンで出来ています。

コラーゲンは軟骨の水分を保持し、弾力性を高めることによって痛みを防いでくれます。

コラーゲンは肌にも体にも良いです。次のコラーゲンの基礎知識として、どのようにコラーゲンを摂取するかです。

一つ目はコラーゲンの豊富な食べ物を食べることです。

食べやすく簡単なのがゼラチンを使った食事です。

ゼラチンはコラーゲンから作られています。好きな飲み物や食事に加えるだけで、おいしく摂取することができます。

二つ目はコラーゲンのサプリメントやドリンクを飲むことです。

肌は22時~夜中の2時の間に作られるといわれています。

細胞が活発になるため、体内への吸収率も高くなります。

新陳代謝も高まり、肌が生まれ変わります。三つ目にコラーゲンが配合されている化粧品を使うことです。

化粧水やクリームなどコラーゲン配合の商品は数多く販売されています。外からでも取り入れることが出来ます。

このコラーゲンの基礎知識を参考に上手に摂取して、綺麗な肌と健康な体を手に入れると良いです。

コメントは受け付けていません。