代謝が衰えると栄養が届きにくくなる

コラーゲンの基礎知識としては、加齢と共に肌の弾力やハリが失われるのは、代謝が衰えて栄養が届きにくくなるからです。

その結果、コラーゲンの巡りも悪くなります。またコラーゲンの基礎知識として、加齢と共にコラーゲンの量が低下します。

その結果、肌の弾力性が低くなります。コラーゲンの基礎知識として、コラーゲンの体内への吸収率があげられます。

一般的な低分子化したコラーゲンよりも更に吸収されやすく、肌の奥深くまで巡ることができるのが、トリペプチドです。

トリペプチドは、自然由来の成分を分子レベルに小さくカットした成分です。

そしてトリペプチドは、アミノ酸が3つ連なって構成されている成分です。

このトリペプチドを多く含有しているコラーゲンが最も体内に吸収されやい形になります。

そしてこのトリペプチドは、体内の新しいコラーゲンの材料になるだけではなく、コラーゲンの合成を促進する働きがあると考えられています。

またトリペプチドは、細胞に取り込まれて、コラーゲンの主成分であるⅠ型コラーゲンの合成を促進します。

Ⅰ型コラーゲンは、体内に最も大量に存在するコラーゲンです。

そして皮膚の弾力を保つ働きがあるとされている成分になります。

その他にもコラーゲンの基礎知識としては、肌の弾力やハリの保持だけではなく、美白効果や骨の形成に必要な成分がコラーゲンです。

特にカルシウムと共に骨の形成にはコラーゲンが欠かせません。

そして骨粗しょう症の予防や改善に役に立つと言われている成分になります。

しかし加齢と共にコラーゲンの量は低下します。

体内でコラーゲンの生成を促進するサプリメントなどで補うことでアンチエイジングの効果が期待できます。

コメントは受け付けていません。