コラーゲンの基礎知識

テレビ・新聞のCMなどでよく聞く【コラーゲン】。

誰でもこの言葉は知っていると思いますが、じゃコラーゲンってなに、と聞かれると戸惑う方も多いのではないでしょうか。

ここでひとつ、コラーゲンの基礎知識について学んでみましょう。

コラーゲンとは簡単に言えば人間の体を構成するたんぱく質のひとつです。

人間の体がタンパク質からできているという事はご存知でしょうが、そのタンパク質の約30パーセントがコラーゲンなのです。

このコラーゲンとは人間の体の中にあるだけではなく、化粧・医薬品の原料となっているゼラチンなどにも利用されているのです。

それではこのコラーゲンが体内ではどのような働きをしているか説明しましょう。

簡単に言えばコラーゲンとはヒトの体内組織を強くする働きがあるのです。

たとえば骨の内部のコラーゲンはびっしりと密になっており、その弾力性でもって人が骨折するのを未然に防いでいます。

ですのでコラーゲンが多く含まれている食品としては、豚足・筋肉・ふかのひれなどいわゆるゼラチン質の多い食品に含まれています。

化粧品に含まれているコラーゲンは肌の保湿に効果があるとされているが、皮膚に塗布したからといって、

それが皮下に浸透するかどうかは疑わしいといわれています。

今後コラーゲン配合の商品を購入される際には、このようなコラーゲンの基礎知識をしっかりと身につけ、

安易な広告塔に騙されないようにするのが賢い消費者なのです。

以上、簡単ではありますがコラーゲンの基礎知識について述べてみました。

コメントは受け付けていません。