コラーゲンの働き

コラーゲンの基礎知識として、まずコラーゲンとは何かを説明していきます。

コラーゲンとは、タンパク質の一種で体の皮膚や筋肉、内蔵、骨、関節といった全身の組織に含まれており、

細胞同士をつなぎとめるはたらきをしています。コラーゲンはタンパク質の中の主なもので、

約10万種類ある体内のタンパク質のうちおよそ30%はコラーゲンが占めています。

コラーゲンの基礎知識として次にその働きについて説明します。

コラーゲンは細胞と細胞の隙間に存在しており、細胞同士を結合する働きや老廃物を排出する働きをしています。

コラーゲンは加齢によって体内で作られる数が減っていき、25歳くらいから減少していきます。

コラーゲンが減少することで細胞同士の結合の強さが弱まるので、皮膚のたるみや筋肉の減少、

また水分を保つ場所も失われるため肌の乾燥も引き起こします。

その他コラーゲンの基礎知識として把握しておくべきなのが、コラーゲンは主に肌にばかり関係が深いのではなく、

全身のあらゆる場所にとって重要な存在です。コラーゲンがある場所なら例えば内蔵や骨にも、

コラーゲンの減少時に悪影響を及ぼします。内蔵機能の低下や関節炎などその症状は様々です。

コラーゲンは人の体にとって必要不可欠なものであり、加齢によって失われる分のコラーゲンを摂取しなければなりません。

コラーゲンを保つということは、若さを保つことと同義であります。

今では、サプリメントなどで手軽にコラーゲンを摂取することができます。

コメントは受け付けていません。