‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

複数の効果

2014/03/05

コラーゲンの効果には複数あります。

関節や眼、肌等身体のあらゆる箇所のしなやかさ、丈夫さの維持に効果があると言われていますし、

そもそも体にもともと含まれているもので、加齢や疲労、所謂使い痛みや代謝の悪化とともに減少していくと言われていますので、

食事で積極的に摂取し、体の必要な箇所へ取り込まれるようにしたいと考える人は実に多いです。

サプリメントを接種することへの抵抗感も、特に最近は薄れており、膝や腰の痛みを改善し、機敏に快活に動きたい人は、

そうしたサプリメントを食事にとりこんでいます。

コラーゲンの効果を実感する機会が多い人は、素肌の改善をはじめとした美容への関心が高く、

眼精疲労の軽減や運動能力の維持に興味があり、又それをする必要性がある人が多いのではないでしょうか。

コラーゲンの効果を早く知ることは、痛みやお肌の悩みという避けることができる苦痛を上手にかわすすべを

身に着けたと言えるのではないでしょうか。コラーゲンには1型と2型があることは有名で、

自分がコラーゲンを必要とする体の箇所に応じて、摂取すると無駄がありません。

タンパク質を過剰に摂取する必要もなく、又臓器への負担も心配されますし、効率よく必要な個所へ取り込みたいですから、

コラーゲンというものに対して、コラーゲンの効果を実感したい場合には、ある程度知識を得ておくことをお勧めします。

知識を実体験すると、深い理解に繋がり、更に健康と食事の関係や、その恩恵に気づくこともできます。

きれいを目指す

2014/03/05

美容に対して、とても大切となるコラーゲンは綺麗を目指す人であれば摂取したい成分です。

年齢とともに、肌のトラブルは多くなるのに、反比例して、体内で生成される量は減少していきます。

だからこそ、コラーゲンは、積極的に摂取したい成分となります。

また、摂取したコラーゲンは、蓄積されていくものでもないので、出来ればこまめにコツコツ摂取する事が効率的となります。

コラーゲンを摂取する方法として、食品から摂取する方法と、ダイレクトに注射で注入する方法、

サプリメントや、ドリンク剤で、摂取する方法などありますが、自分自身のライフスタイルに合わせて、摂取する方法を選びたいです。

コラーゲンの効果として、はり、潤いを与えてくれることから、多くの肌トラブルに対処してくれます。

また、コラーゲンの効果は、素肌だけではなく、コラーゲンを含む体内に働きがあり、毛髪にハリが生まれたり、

爪に艶が戻るなど嬉しい効果は、美肌以外にもあります。

また、年齢とともに、悩みとなる関節にもコラーゲンの効果は、あり関節の栄養成分となり働きます。

この働きから、女性の美容目的での利用はもちろん多いですが、男性や、年配の方まで幅広く必要とされている成分です。

目的はさまざまでありますが、目的以外にもプラスの働きがあるので、体調全体を考えて摂取したい成分です。

男女問わず、年齢を重ねる度に必要とされるコラーゲンは、自分にあった形の方法で上手に摂取していきたいです。

効率的なコラーゲンの摂り方

2014/03/05

ここ数年コラーゲンを含んだ食品が特に女性に人気です。

その理由は、コラーゲンが美肌に良いというからだということなのはもはや説明のするまでもないでしょう。

ですが、ではなぜコラーゲンは美肌に良いとされているのか。

こう聞かれるとそのワケを答えられない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

コラーゲンの基礎知識なんて知らなくても、コラーゲンを含んだ食品を食べていれば問題はない、そう思われるかもしれません。

しかし、そこに思わぬ落とし穴が存在しているとしたらどうでしょうか。

ここで一つコラーゲンの基礎知識を再確認してみましょう。

まずコラーゲンが美肌に効果があるのは、コラーゲン自体が元々人が自らの体に有している成分だからであります。

コラーゲンは人の皮膚を生成する上で決して欠かせない成分なのです。

それ故にコラーゲンを摂取することは美肌効果を得る上で大事なことなのですが、

コラーゲンを含む食品をただ食べれば良いというわけではないのです。

やっかいなことですが、コラーゲン自体をただ食べてもコラーゲンもタンパク質の一種であるためにアミノ酸まで分解されてしまい、

コラーゲンとして吸収される数はそう多くありません。ではどうすればよいのでしょうか。

より効果的にコラーゲンを吸収させるためにはコラーゲンの形状を変える必要があります。

コラーゲンは熱するとゼラチン状になるという性質を持っているのですが、

この状態のコラーゲンは食べてもコラーゲンのまま吸収されやすいという性質を持っているのです。

つまり、コラーゲンの商品にゼラチン状のものが多いのはこれが理由なのです。

闇雲にコラーゲンを含む食品を食べるのではなく、このようなコラーゲンの基礎知識を知って効率的な食べ方が美肌を目指すうえで

もっとも最適であると言えるのではないでしょうか。

海洋性コラーゲン

2014/03/05

コラーゲンの基礎知識として、コラーゲンは身体の皮膚や筋肉、内臓、関節、目、髪あらゆる全身の組織に含まれている成分で、

主にそれらの細胞をつなぎとめる働きをしているということです。

またコラーゲンはたんぱく質の一種で、体内のたんぱく質の約3分の1を占めています。

次にコラーゲンの基礎知識としては、コラーゲンは原料によって動物性と海洋性の2つ種類に分けることができます。

動物性コラーゲンは、コラーゲンの中でも最も歴史が古いコラーゲンの一種で、熱に強く、加工しやすいのが特徴で、

ゼラチンや化粧品などに使われています。

そして美容に最適なサプリメントに利用されているのが海洋性コラーゲンで、魚の皮や骨から抽出したエキスを原料としていて、

安全性とアレルギー反応がなく、安心して誰でも摂取できるのが特徴です。

その他にも海洋性コラーゲンの大きなメリットとしては、吸収率が高く、人間の体内に摂取した場合、

すぐに身体が吸収するため即効性が期待できます。

そして海洋性の分子は小さいので、口から摂取しても体内への吸収が良く、胃腸に負担をかけずにスムーズに消化、吸収されます。

その他にもコラーゲンの基礎知識としては、濃度を上げても独特の臭みが少なく飲みやすいことです。

実際、飲み物や食べ物に混ぜても、元の味を損なわないので、海洋性コラーゲン含むものはとても飲みやすいです。

独特の匂いもなく臭いが苦手と感じる方でも抵抗なく摂取できます。

現在ではサプリメントや化粧品など、様々な製品に応用されています。

タンパク質の一種であるコラーゲン

2014/03/05

コラーゲンとはタンパク質の一種で、身体の皮膚・筋肉・内蔵・骨・関節・目・髪あらゆる全身の組織に含まれています。

主にそれらの細胞をつなぎとめる働きをしています。そこで、コラーゲンの基礎知識を知っておくと良いです。

まず、コラーゲンにはどのような効果があるかということです。

一つ目は皮膚の若返りや肌の保湿性が高まり、弾力・ハリを保ってくれます。

美容に効果的です。二つ目は関節に良いです。コラーゲンは骨と骨の間の軟骨がクッションとなり、関節の衝撃を受け止めてくれます。

軟骨は約50パーセントの割合がコラーゲンで出来ています。

コラーゲンは軟骨の水分を保持し、弾力性を高めることによって痛みを防いでくれます。

コラーゲンは肌にも体にも良いです。次のコラーゲンの基礎知識として、どのようにコラーゲンを摂取するかです。

一つ目はコラーゲンの豊富な食べ物を食べることです。

食べやすく簡単なのがゼラチンを使った食事です。

ゼラチンはコラーゲンから作られています。好きな飲み物や食事に加えるだけで、おいしく摂取することができます。

二つ目はコラーゲンのサプリメントやドリンクを飲むことです。

肌は22時~夜中の2時の間に作られるといわれています。

細胞が活発になるため、体内への吸収率も高くなります。

新陳代謝も高まり、肌が生まれ変わります。三つ目にコラーゲンが配合されている化粧品を使うことです。

化粧水やクリームなどコラーゲン配合の商品は数多く販売されています。外からでも取り入れることが出来ます。

このコラーゲンの基礎知識を参考に上手に摂取して、綺麗な肌と健康な体を手に入れると良いです。

コラーゲンの働き

2014/03/05

コラーゲンの基礎知識として、まずコラーゲンとは何かを説明していきます。

コラーゲンとは、タンパク質の一種で体の皮膚や筋肉、内蔵、骨、関節といった全身の組織に含まれており、

細胞同士をつなぎとめるはたらきをしています。コラーゲンはタンパク質の中の主なもので、

約10万種類ある体内のタンパク質のうちおよそ30%はコラーゲンが占めています。

コラーゲンの基礎知識として次にその働きについて説明します。

コラーゲンは細胞と細胞の隙間に存在しており、細胞同士を結合する働きや老廃物を排出する働きをしています。

コラーゲンは加齢によって体内で作られる数が減っていき、25歳くらいから減少していきます。

コラーゲンが減少することで細胞同士の結合の強さが弱まるので、皮膚のたるみや筋肉の減少、

また水分を保つ場所も失われるため肌の乾燥も引き起こします。

その他コラーゲンの基礎知識として把握しておくべきなのが、コラーゲンは主に肌にばかり関係が深いのではなく、

全身のあらゆる場所にとって重要な存在です。コラーゲンがある場所なら例えば内蔵や骨にも、

コラーゲンの減少時に悪影響を及ぼします。内蔵機能の低下や関節炎などその症状は様々です。

コラーゲンは人の体にとって必要不可欠なものであり、加齢によって失われる分のコラーゲンを摂取しなければなりません。

コラーゲンを保つということは、若さを保つことと同義であります。

今では、サプリメントなどで手軽にコラーゲンを摂取することができます。

代謝が衰えると栄養が届きにくくなる

2014/03/05

コラーゲンの基礎知識としては、加齢と共に肌の弾力やハリが失われるのは、代謝が衰えて栄養が届きにくくなるからです。

その結果、コラーゲンの巡りも悪くなります。またコラーゲンの基礎知識として、加齢と共にコラーゲンの量が低下します。

その結果、肌の弾力性が低くなります。コラーゲンの基礎知識として、コラーゲンの体内への吸収率があげられます。

一般的な低分子化したコラーゲンよりも更に吸収されやすく、肌の奥深くまで巡ることができるのが、トリペプチドです。

トリペプチドは、自然由来の成分を分子レベルに小さくカットした成分です。

そしてトリペプチドは、アミノ酸が3つ連なって構成されている成分です。

このトリペプチドを多く含有しているコラーゲンが最も体内に吸収されやい形になります。

そしてこのトリペプチドは、体内の新しいコラーゲンの材料になるだけではなく、コラーゲンの合成を促進する働きがあると考えられています。

またトリペプチドは、細胞に取り込まれて、コラーゲンの主成分であるⅠ型コラーゲンの合成を促進します。

Ⅰ型コラーゲンは、体内に最も大量に存在するコラーゲンです。

そして皮膚の弾力を保つ働きがあるとされている成分になります。

その他にもコラーゲンの基礎知識としては、肌の弾力やハリの保持だけではなく、美白効果や骨の形成に必要な成分がコラーゲンです。

特にカルシウムと共に骨の形成にはコラーゲンが欠かせません。

そして骨粗しょう症の予防や改善に役に立つと言われている成分になります。

しかし加齢と共にコラーゲンの量は低下します。

体内でコラーゲンの生成を促進するサプリメントなどで補うことでアンチエイジングの効果が期待できます。

コラーゲンの基礎知識

2014/02/07

テレビ・新聞のCMなどでよく聞く【コラーゲン】。

誰でもこの言葉は知っていると思いますが、じゃコラーゲンってなに、と聞かれると戸惑う方も多いのではないでしょうか。

ここでひとつ、コラーゲンの基礎知識について学んでみましょう。

コラーゲンとは簡単に言えば人間の体を構成するたんぱく質のひとつです。

人間の体がタンパク質からできているという事はご存知でしょうが、そのタンパク質の約30パーセントがコラーゲンなのです。

このコラーゲンとは人間の体の中にあるだけではなく、化粧・医薬品の原料となっているゼラチンなどにも利用されているのです。

それではこのコラーゲンが体内ではどのような働きをしているか説明しましょう。

簡単に言えばコラーゲンとはヒトの体内組織を強くする働きがあるのです。

たとえば骨の内部のコラーゲンはびっしりと密になっており、その弾力性でもって人が骨折するのを未然に防いでいます。

ですのでコラーゲンが多く含まれている食品としては、豚足・筋肉・ふかのひれなどいわゆるゼラチン質の多い食品に含まれています。

化粧品に含まれているコラーゲンは肌の保湿に効果があるとされているが、皮膚に塗布したからといって、

それが皮下に浸透するかどうかは疑わしいといわれています。

今後コラーゲン配合の商品を購入される際には、このようなコラーゲンの基礎知識をしっかりと身につけ、

安易な広告塔に騙されないようにするのが賢い消費者なのです。

以上、簡単ではありますがコラーゲンの基礎知識について述べてみました。